リスニング強化法

リスニングを早く上達させていくために一番大切なことは、
『英語の音』を覚えていくことです。

ご存じのように、英語の発音方法は日本語の発音方法とは異なります。
発音方法が違うとはどういうことか?
英語と日本語では発音する時の息の出し方も違ければ、声の響かせ方も違います。
音自体も違のです!

そこでお勧めしたいのが、『リスニングパワー』です。

スコット先生は、2,000人以上の日本人に25年間英語を教えながら、
常にどうすれば日本人が、
日本語にない英語の音を聞き取れるかということを研究してきました。

そして、他の言語学者、医学博士、語学講師、
サウンドエンジニアなどの科学者たちのグループの協力を得て、
リスニングパワーというネイティブ耳育成プログラムを開発しました。

リスニングパワーとは、ネイティブの発音とコンピューターをもとに、
英語を学ぶにあたり大切なキー・サウンドや、
その他複雑な混合音を広範囲にわたり、
聞き取れるように開発されたリスニング用教材です。
短期間繰り返しリスニングパワーを聴くと、
子供のころから眠っていたヒアリング能力が目覚めます。

リスニングパワーは、さまざまな英語特有の発音に焦点を当てています。

英語に存在し日本語には存在しない10の母音と、
速く話すときに生まれるさまざまな発音を重視しています。

リスニングパワーを聞くことで、普段、日本語の音に慣れている日本人の耳を、
2週間で集中的に鍛え、英語耳にします。

30日間、リスニングパワーを聞き流すだけでも、
今まで聞こえなかった英語の音が耳に入ってくる感覚を体感することでしょう。

なぜリスニングパワーをただヒアリングするだけで、
大人になってからでも英語耳ができるかというと、
実は、その秘密は「周波数」にあります。

英語と日本語では周波数が異なります。

日本語の周波数は、英語に比べて低く、
世界の中でも一番低い周波数の部類に入ります。

その一方、英語の周波数は、世界でもっとも高いのです。

日本語の最高周波数が1500ヘルツであるのに対し、
英語の最低周波数は、最低でも2000ヘルツなので、
周波数に関しては、日本語と英語では交わるところがないのです。

ヨーロッパ人など他の民族に比べて
日本人が英語に弱い理由は日本語の周波数にあったのです。

普段、日本語の周波数に慣れている日本人は、
周波数の異なる英語を聞いても、
英語本来の音を聞き取ることができず、
日本語に近い音に置き換えて理解してしまうのです。

でもリスニングパワーを聞き流すことにより、
英語の周波数を耳から脳に送ることができるので、
今まで聞き取ることができなかった周波数の英語の音も聞き取ることが
できるようになってきます。

  • リスニングパワーテキスト42ページ

リスニングパワーは、ただの聞き流しの英会話教材ではなく、
日本人が英語を聞き取れるようになり、発音を良くするために開発した教材です。

サウンドエンジニアや科学者の力を借りて
独自の周波数解析ソフトを開発し、周波数解析ソフトを使いながら、
日本人が英語を聞き取れるようになるための英語の周波数を計算しながら、
リスニングパワーを開発しました。

[check]リスニング力がつき「英語耳」になれます
早い方ですと2週間ほどで映画を観ている時などに
「あれ今、英語が聞き取れた」のように
リスニングに変化が出るのを感じていただけるでしょう。
そして30日ほど聞き流すことで「英語耳」が出きてきます。

[check]海外に行ってもネイティブに通じる「発音力」が手に入ります
ネイティブに通じる英語発音が身についてくるので
海外に行ってもネイティブに英語が通じるようになります。

[check]英語の思考回路ができます
リスニングパワーの英語の周波数を聞いていくうちに、
日本語環境にいたために今まで貴方の脳になかった英語の音を
認識することができるようになってくるので英語耳と英語脳ができてきます。

[check]TOEIC®Testのリスニングのスコアアップができます
TOEIC®Testのリスニングでも
今までよりも英語が聞き取れるようになったとの声をたくさんいただいています。

[check]字幕なしで映画を楽しめるようになります
リスニングパワーを2週間聞き流しあと、字幕なしで映画を観て下さい。
今まで聞こえなかった英語の音が耳に飛び込んでくることを実感されるでしょう。

[check]英語がわかるようになるので海外旅行をもっと楽しめるようになります
海外旅行に行っても英語が聞きとれるようなるので、
海外旅行をもっと楽しめるようになります。

[check]英語がもっと効率よく身につくようになります
リスニング力がついてくると、英語の音が聞きとれるようになり、
英単語が覚えやすくなります。
そして、リスニング力がつくと、映画をDVDでみたり、
英語のニュースを聞いたりしながら英語力をつけることができます。
また英語発音が上達すると、カタカナ英語ではなく正しい英語発音で
英語を話すことができるようになり英語がより効率よく身につくようになります。

[check]LやRといった日本人には難しいと言われている英語の音も身につけることができます
リスニングパワーでは、
カタカナ英語とネイティブの英語を繰り返し聞き分ける作業を行うので、
LやRなど今まで一緒にしか聞こえなかった日本人に
難しいとされている英語の音も聞き分けられるようになります。

[check]新しい英語の音"があなたの脳にインプットされます
英語には日本語にない母音や子音の音がたくさんあります。
だから、日本人には英語を聞き取ることが難しいのです。
リスニングパワー聞き流すだけで、
日本語にない英語の音も脳にインプットされるので、
今まで聞き取ることができなかった英語の音がわかるようになります。

[check]集中力がつくのが感じられます
リスニングパワーは英語の"周波数"を使って学習する教材です。
リスニングパワーを使って学習している方から
「集中力が高まりました」という声も届いています。

なぜ、こんなことを可能にしてしまうのか?
リスニングパワーで「英語耳」になり、
「発音力」が身につく秘訣が知りたい方は、
リスニングパワーの内容をじっくり読んでご自身でご確認下さい。



英語リスニング・トレーニング UDA式「聞きトレ」

大人のための英語リスニング・トレーニング UDA式 聞きトレは、
「読解力や語彙力に自信はあるのに、なぜか聞き取れない」、
「英語学習の努力はしてきたがリスニングが苦手…」、
「英会話が聞きとれなくて悔しい」という悩みを解消するトレーニングソフトです。

間違えやすい音を瞬時に聞きわけるトレーニングなので、
実際の英会話や、TOEICテスト、リスニングテストにとっても効果的です。
映像パート(Visualコーチ)は初級者から上級者まで使えるパートです。
一つずつのターゲット音をスロー再生映像で頭にインプットさせ、
リスニングの基礎を作り上げます。

UDA 式 30 音とは、
23 個の子音、7 個の母音の発音をマスターする英会話発音トレーニング法です。
効率よく正しい発音をマスターでき、
カタカナ発音がネイティブ式の発音に近づいていきます。
実用で英語を使う場合にはこのターゲット音をきちんとマスターすれば十分対応できます。
UDA 式 30 音は大企業での採用実績も豊富で、
これまで数多くの発音に悩む方々がこのトレーニング法を実践し、
TOEIC のスコアアップ、英会話の上達、映画の英語が
聞き取りやすくなった等の成果を実感しておられます。

リスニングの壁に悩む人や、
読めば理解できるのに聞き取れない人に有効なリスニング上達法は、
いきなり大量の英語を聞くことではありません。
日本語とは異なる発音の違いを知ることが確実に聞き取るための出発点です。
UDA式聞きトレは「聞き取る力(リスニング)」を基礎から鍛え、
伸ばすための工夫を凝らしたプログラムです。
特に、「Visualコーチ」はあなたのパーソナルコーチです。

映像を通じて、重要なターゲット音を目と耳からインプットすると、
英語の音が正しく聞こえるようになり、
リスニングの基礎を築くことができます。
初級者は、まず「Visualコーチ」で英語の音を覚えてから、
基礎編でトレーニングをしてください。
楽しみながらリスニングが上達します。




a:9147 t:1 y:7